2017年08月11日

第274回 エンド・オブ・ザ・ワールド


Sylvia Dee & Arthur Kent (1962年)

この曲も2度目です。1度目は16号館で第204回で、カーペンターズをモデルにして歌部分をフルートで演ったものですが(http://nonbiri002.seesaa.net/article/420802819.html)、今回はレターメンのサウンドをモデルにします。

歌部分はアルトサックスでスタートしたのですが、あまり気に入らないので途中からやはりフルートに変更してみました。いかがでしょうか。少しはレターメンのサウンドに近くなったでしょうか。

a274 Lettermen.jpg
レターメン


posted by Ken-G at 00:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。