2017年07月25日

第271回 テネシー・ワルツ (サックス)


ピー・ウィー・キング (1946年)

この曲、Ken-Gのひとりコンサートでは既に3回演っております。

1回目=エレクトーンで(第53回)
http://onemanconcert105.seesaa.net/article/455059627.html
2回目=カントリーウェスタン風バンドで(第112回)http://onemanconcert112.seesaa.net/article/137923060.html
3回目=ラグタイムピアノで(第114回)
http://onemanconcert112.seesaa.net/article/137923445.html

今回が4回目、サックスで、パティーペイジのオリジナルバージョンに挑戦してみます。パティー・ペイジの節回しやハーモニーをできるだけ忠実にサックスで再現してみます。ハーモニーが下ハモになったり上ハモになったり、特に下ハモから上ハモになるところが気持ちがいいです。あと、中盤から転調するところも。

a271 Tennessee Waltz (Sax).jpg
パティー・ペイジ


posted by Ken-G at 20:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。