2017年05月03日

第263回 カリフォルニアの青い空


アルバート・ハモンド(1972年)

懐かしい曲です。今の若い人達もどこかで聴いたことがあるのではないでしょうか。

ボーカルはテナーサックス、伴奏はスチールギター3本、ピアノ、シンセストリングス、ベース、ドラムスなどで演ってみます。聴きどころはやはりあの歌部分のハモりでしょうか。何の音でハモればいいのか・・・。

結局、上ハモも下ハモも同じテナーサックスにしました。

Cablecar.jpg
サンフランシスコ


posted by Ken-G at 01:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。